上京して保育士をすると家賃補助は?給料は増える?転職サイトも紹介!

就職・転職

保育士だって、上京して都会で働きたい!
そう思っている保育士さんも多い事でしょう。

また、付き合っている彼氏が上京するので、ついて行って保育士がしたい!
でも、仕事はどうやって探そうかと、不安だったり…。

今、東京を中心とする都市部では、深刻な保育士不足の状況にあり、上京して保育士として転職するにはメリットがいっぱいあるんです!

今回は、上京して働きたい保育士さんの為に、上京するメリットから上京保育士さんのための転職サイトまで、ご紹介していきます。

上京保育士のメリット

もちろん、地方や地方都市でも慢性的な保育士不足の状態にありますが、都市部ではその状況はもっと深刻。
そのため、政府をあげて、保育士の人材確保に努めています。

その恩恵を一番受けられるのは、”東京で働く保育士”です。
それも、地方から保育士を集めてこれるように、様々な施策を行っています。

では、保育士側は、上京することでどんなメリットがあるのでしょうか。

借り上げ社宅制度が充実している

保育士のお給料は、他業種に比べて低賃金です。
一人暮らしをするとなると、地方ですらギリギリの生活になったり、そもそも家賃補助が出ず一人暮らしができない求人もあります。

そんな中、東京23区では、8万2,000円の借り上げ社宅制度があります!
さらに、家賃の相場が高い区では、さらに上乗せの金額に設定されています!

例えば、千代田区では13万円の金額補助があり、家賃が高い場所ではありますが、自己負担が少なくて済みます。
他にも、港区が11万2,000円、渋谷区が10万円、目黒区が9万2,000円の補助金額になっています。

借上社宅制度って何?

よく、『上京すれば家賃補助が出ます!』と書いてありますが、正確には借上社宅制度を利用することとなります。

借上社宅とは、保育園側が社宅として借り上げた寮やアパートに住んだ場合、家賃補助が交付される制度となっています。
借り上げる社宅については、保育園がある区と同じ区内にあることが定められています。
実際に住む家については、保育園側が指定する場合と、保育士が自分で探して選び、その物件を社宅とする場合があります。

どちらにしても、区が直接保育士に家賃補助として交付するのではなく、補助を受けるのは保育園側だという事です。
なので、借上社宅制度を利用している保育園に就職し、尚且つ、適切に家賃補助として園から保育士に支給されて、初めて保育士が恩恵を受けられるものになっています。

家賃が全額かからない、という場合もあれば、補助金を利用しながら保育士にも一定の負担を求める園もあるでしょう。
運営は、園によって違う、ということを頭に入れておきましょう。

また、この制度は待機児童対策のための補助金であり、待機児童が解消されていくと、補助も縮小されていきます。

借上社宅がなくても住宅手当が充実している園も

借上社宅制度を利用していない園でも、住宅手当として3万円以上の手当てが出る求人がたくさんあります。
5万円の住宅補助が出る園であれば、家賃の自己負担が少なくて済みますね!

住宅補助となると、保育園と同じ区でクラス必要もないので、好きな場所を選んで住むことができます。
園から自宅があまりにも近いと、いつも気を張っていなくちゃいけない、と、少し離れたところに住みたい保育士さんもいるでしょう。
そんな保育士さんには、借上社宅よりも住宅補助のある求人を狙った方がいいですね。

実家に住む場合は別ですが、一人暮らしをするのであれば、家賃が高くても地方より安く住むことができる場合も多いので、是非求人を見てみましょう。

福利厚生は、要チェックです!

お給料が高い!

元々、同じ保育士でも地方より東京の方が給料が高い傾向にありました。

しかし、東京の平均収入を考えると、保育士の中では高い東京の保育士でも、他業種に比べると低賃金でした。
また、共働き家庭が増え、待機児童が増えると、保育士の低賃金が問題となり、保育士の処遇改善がメディアでも取り上げられるようになりました。

その結果、東京の保育士は、さらに給料が増えるようになりました。

そうすると、待機児童の少ない地方都市では給料の改善は見られず、反対に都市部では給料が増えていく…、という二極化が広がっている現状です。

また、東京では、認可保育園にも株式会社の参入が相次ぎ、効率よく利益を上げられる保育園も増えています。

全体として、保育士の給料改善は、東京都を中心に進んでいる、と言えるでしょう。

なので、地方で働くよりもお給料は増える場合が多いのです!

引っ越し費用が補助される園も!

侮れないのが、引っ越し費用です。
特に東京から離れた場所にいればいるほど、引っ越し費用は高くなる傾向に。

また、一人暮らしを始めるとなると、家電なども買いそろえなくてはいけません。
何かとお金が必要になってきます。

引っ越し費用を補助してくれる園に就職すれば、引っ越しの負担も減り、一人暮らしも上京もしやすくなりますね。

オープニング求人も多い

待機児童解消のため、東京では新設の保育園が増えています。
そのため、保育士のオープニング求人も多く出ているのが東京都の特徴!

オープニングだと、人間関係も真っ白な状態から始められるのがいいですよね。
また、保育の方向性も自分たちで作り上げていくことが出来るため、意見が言いやすかったり、やりがいも大きく持つことができます。

そういった意味でオープニング求人は人気になっていますが、東京では、そんなオープニング求人が多数
新設保育園は既定の保育士を集めないと開設に至らない為、給料や福利厚生面でも優遇されている求人が多いですよ。

オープニングでなくても求人数が多く、様々な園があるので、自分に合った求人を見つけやすくなっていますよ!

上京する時の注意事項

収入アップが見込めたり、いい求人を見つけやすい東京での保育士ですが、上京する際には注意することがあります。

エリアによって保護者の層が違う

地方では、富裕者層から低所得者層まで、一つの園、一つのクラスに様々にいる、という状況も多かったと思います。

しかし、東京では、エリアによって家賃も大きく違うので、家賃が高いエリアでは富裕者層が多くなっています。
富裕者層では、教育熱心な家庭も多く、保育園に求めるレベルも高い傾向にあります。
借上社宅で補助金額が高い場所、と言うのは、それだけ保護者の目も厳しい傾向にある、と考えてもいいかもしれません。

もちろん、その分,身につくことも多くなってきますし、地方とは違った保育のスキルを身に付けることができます。
一概に悪い事ばかりではありませんが、園の雰囲気の違いにびっくりしてしまうこともあるでしょう。

園の様子だけでなく、園周辺の雰囲気も気にかけて就職するといいですね。

一人暮らしはお金がかかる

一人暮らしをするのであれば、やはり地方よりも東京での就職がおすすめです。
家賃補助や住宅手当だけでなく、そもそもの賃金も高く、収入アップが見込めるからです。

ただし、地方であっても実家暮らしだと、手元に残るお金は多くなります
一人暮らしには、家賃だけでなく、水道光熱費や食費など、実家暮らしにはかからない費用が必要になります。

私も、1回目は地方の私立幼稚園に就職しましたが、実家暮らしだったので、手取り14万円という低賃金で、家にお金を入れていても、しっかり貯金が出来ました。

一人暮らしがしたい!一人暮らしをしなければいけない!という場合は東京での就職がおすすめですが、お金を貯めたいのであれば、地元で就職するという選択の方がよい場合があります。
暮らしのレベルや使いたいお金の量、貯金したい金額など、人によって違いますので、自分の生活に合った就職形態を考えていきましょう。

おすすめの転職サイト

東京には保育園の数も多く、住む場所もたくさんあって、どうやって上京したらいいかわからない…

そう思って上京を踏みとどまっている保育士さんも多い事でしょう。

上京するのであれば、絶対に転職サイトを使うべきです!
分からない事はすべて、転職サイト側に聞くことができます。

また、転職サイトの独占求人も多く、上京成功につながりやすくなります。

上京を応援してくれる転職サイトを厳選しました!

保育メトロ

保育メトロは、他の転職サイトとは違い、上京したい保育士さんの為の転職サイトです。

上京する保育士さんの為の求人がいっぱい

家賃補助や住宅手当など、上京して一人暮らしをする保育士を応援してくれる求人を、厳選して揃えています。
ただ、首都圏に特化しているサイトと言うわけでなく、上京して暮らしていけるための制度が整った求人を揃えているのが、保育メトロの特徴です。

1日で就職活動ができるよう日程調整

上京する前に、求人を探して面接を受けなければなりません。
一人で求人を探して、面接を受けて…となると、何度も東京に来る必要が出てきます。

保育メトロに登録しておくことで、東京の土地勘に詳しいコーディネーターが日程調節をしてくれるので、効率よく面接を受けることができます。

東京は、道も交通網もとても複雑です。
案内してもらえると、安心して面接を受けることができますね。

ミスマッチの少ない求人

保育メトロでは、応募したい求人を、求人側を担当した人と同じコーディネーターが紹介してくれます。
つまり、保育園側のことをよくわかっている人が、直接求職者に紹介してくれる、と言うものです。

保育園側のコーディネーターと、仕事を探している人に付く求職者側のコーディネーターと、担当分けをしている転職サイトも多くあります。
しかし、保育メトロでは、一人のコーディネーターが両方を担当することで、保育園側にも求職者側にも、ミスマッチを減らすような仕組みを整えているのですね。

登録は無料!1分で簡単!

上京を考えている保育士さんは、ぜひ登録しておきたい、おすすめの転職サイトです。
もちろん、登録は無料です。
まずは、名前と年齢、メールアドレスなど、簡単な入力項目だけで登録できますよ!

【保育メトロ】

保育ひろば

保育ひろばは、全国に求人を持つ転職サイトですが、やはり首都圏に強い!
何より、”ちほいく”と言って、地方の保育士を首都圏と大阪府に結び付ける支援を行っています。

東京じゃなくても、大阪で就職したい場合にも使えますよ!

交通費として5000円ゲット!

保育ひろばに登録し、上京しての就職、もしくは他府県から大阪府への就職を希望すれば、交通費補助として、5000円のギフト券が受け取れます!
上京する交通費も、やはり負担に感じることが多いですよね。
しかし、5000円補助してもらえるとなると、気持ちが少し楽になりますね!

もらえるのは1回のみですが、転職支援は何度も受けることができます。

効率よく転職活動

交通費として5000円のギフト券が受け取れるのは、1回のみですが、1回で複数園の面接が受けられるよう、日程調節もしてもらえるので、とても安心です。
何度も足を運ぶ必要がないので、一人で求人を探すより、効率よく転職活動を行うことができます!

パートナーの転勤に伴う上京も支援

上京したい保育士さんって、好条件の保育を求めて、また東京に住みたくて、という保育士さんだけではないですよね。
パートナーの転勤に伴って、上京をする保育士さんもいると思います。

そんな保育士さんも”ちほいく”の制度が使えるので、保育ひろばから登録すると、面接時に5000円の交通費補助(ギフト券)が支給されます。

首都圏や大阪府に転勤が決まっている保育士さんは、早めに登録することをオススメします!

もちろん登録無料!

もちろん、登録無料です。
こちらも、名前や年齢、メールアドレスなど、簡単な必要事項を入力するだけでOK!

上京する予定の保育士さんだけでなく、上京を迷っている保育士さんも、全国に求人があるので、とりあえず登録しておくことをオススメします。

【保育ひろば】

上京して新しい保育人生を!

上京をして保育士として再スタートすることで、収入アップが望めたり、プライベートが充実したり…といいことがたくさんあります!
夫の転勤があっても、彼の上京についていく時も、転職サイトを利用することで安心!
憧れの東京で、保育士として始めてみませんか?





おすすめ保育転職サイト
保育ひろば

◎日本トップクラスの求人数
◎全国に拠点がある
◎就職・転職フェアを開催
◎正社員希望の人にはとっておきの転職サイト
◎登録無料!

保育士バンク

◎求人数が多く、非公開求人も多数!
◎就職・転職フェアを開催
◎保育士専門のキャリアコンサルタントが在籍
◎登録無料!

保育情報どっとこむ

◎全国に求人多数!長年の運営実績のある会社
◎人材派遣にも強い転職サイト!
◎パートや短時間勤務の求人も
◎無料登録すると、園の様子が写真で見られます!

就職・転職
ハナをフォローする
保育をもっと好きになる!

コメント